プライバシーポリシー

メディア掲載情報詳細

一覧に戻る

CBCTVのニュース番組「イッポウ」に取り上げられました。

イッポウ公式サイトに掲載された内容

フォークリフトなどの産業車両向けの部品を手がける、金属加工メーカー 半田市にある「大栄技研工業」。大手自動車メーカーの下請けとして会社は成長。しかし、リーマンショック後の受注激減を経験し、どうにかこの不況を乗り切ろうと開発したのは、何と!40万円以上もする超高価な電動自転車なのだ!この不況下、超高価にもかかわらず、今年6月の発売以来、何と!8台も売れた!でも、なぜこんなに高いのかというと・・・
製造は、何と!全てが手作業!!この会社で"マイスター"と呼ばれる溶接の達人が自転車の骨組みとなるパイプを一つ1つ曲げるところから始まる。今まで培ってきた溶接や板金のノウハウを生かし、パイプの厚みを薄くすることで従来品より5~8kg以上軽い16キロに軽量化。さらに、ボディカラーは、600種類以上もある色の中から自分好みの色にカスタマイズでき、もちろん塗装も職人によって手塗りで仕上げられているからなんです!

8月31日(火)CBCTVのニュース番組「イッポウ」にて大栄技研工業が取り上げられました。 「アイディアで勝負!不況を乗り切る地元企業に迫る!!」というテーマで放送。【本業で培ってきた技術を活かしユニークなアイディアでこの不況を乗り切る地元企業】とご紹介いただき、当社の電動アシスト付き自転車「epovelo」について放映されました。

「一般的な溶接は図面通りにくっつけるだけでいい、だけど自転車は溶接部分が分かってはいけない」
社長語り
「自転車なんだけど、工芸品を作るようなつもりで作っています」

佐藤アナウンサー「epovelo」試乗風景 佐藤アナウンサーコメント

自転車を見ていざ走り出した際
「お洒落でしかもこのスピード、男のロマンですね~!」 坂を上った際
「坂をこんなに楽に上ったことありませんでした!」
「スゴイ!予想以上でした」

epovelo直営店内にて 社長語り【大栄技研本社にて】

「とにかくカッコよくて楽しくて人に自慢できるようなものを電動自転車でチャレンジしたいと思った。もしかしたらそういうモノを求めている人が数は少ないけどいるかもしれない」